脂漏性皮膚炎(しろうせいひふえん)について

2016年06月10日

脂漏性皮膚炎は、湿疹の一つで脂漏性湿疹とも呼ばれ、主に頭皮や顔、耳などに起こります。かゆみをともない、フケのようなカサカサと赤みが出現します。
青年期以降の成人と生後2カ月程の乳児に多く出現し、乳児では自然に治ることが多いのに対して成人では慢性化するケースが多いようです。

できやすい場所
皮脂腺が多く皮脂の分泌が盛んな部位を脂漏部位といいます。この脂漏部位である頭皮、顔(特に眉毛や鼻の周りなど)、耳の中や裏側、前胸や皮膚がこすれやすいわきの下、太ももの付け根などによく起こります。

原 因
皮脂腺から皮脂の分泌の多くなった状態を脂漏と言います。脂漏部位で皮脂が脂肪酸などに分解され、この脂肪酸が皮膚に刺激を与えることで皮膚炎が起こると言われています。
その他に皮膚の常在菌であるマラセチアというカビも関与していると言われています。

治療・スキンケア
炎症を抑えるためのステロイドの外用と、マラセチアの増殖を抑えるための抗真菌薬の外用が基本となります。それに加え、かゆみの強い場合は抗アレルギー剤や抗ヒスタミン剤の内服を適宜併用していきます。
炎症が強い場合は抗真菌薬は効果が乏しいため、ステロイド外用が主な治療となります。ただし、顔にステロイドを長期連用しつづけると「酒さ様皮膚炎」などやっかいな副作用を発症することがあるので注意が必要です。

日常生活でのスキンケアは、まず皮膚を清潔に保つことが重要です。洗顔は朝晩の1日2回、毎日入浴して優しくていねいに洗うように心がけましょう。洗髪も毎日行い、洗髪後はドライヤーで髪をしっかり乾かしましょう。長時間髪が湿ったままでいると、脂漏性皮膚炎の原因であるマラセチアなどの雑菌が増えやすくなります。
その他にストレスや過労に注意し、規則正しい生活、バランスのとれた食事と、十分な睡眠をとるとよいでしょう。成人の脂漏性皮膚炎は一度発症すると慢性的な経過をとることが多く、治るまでに時間がかかることがあります。根気よくスキンケアと治療を続けることが大切です。